KSネット俳句会

130回   
                                                                                平成29年1月11日    メール句会

                                           
                                               TOPへ       KSネットへ 


  

            うーろん
お正月はどこも禁煙席ばかり
沿道の声援淑気満ちゐたる
ゴールドの財布購ふ年初め
出張所けふは賑はふ出初式
小豆粥凡の平穏祈る母           



     三葉子
妻と居る一月の陽の暖かさ
大いなる幸の一字を筆始
成人の日笑上戸だったのか
ハイタッチ三人一緒の成人式
初春の陽射しに向ふ子の背丈      藤遊子
押し入れに押込むだけの年用意
右左地球儀廻す去年今年
除夜の鐘待ちて萬寿の封を切り
初富士の裾をのぞみの風立ちぬ
声も無き隣家気になる三が日


       柳子
参道の木遣り朗々淑気満つ
人日や今年の塵をすでに溜め
地に這うて何見てをるや仏の座
老い二人何はなくとも屠蘇祝ふ
子の帰省叶はぬままに松明けぬ       アトリエ
神棚へ娘から貰ひしお年玉
お多福の浮き出る器初茶の湯
朝寝坊隣家の梅の咲きはじむ
描き初め赤青黄色虹の色
実千両鳥に僅差の負け戦      えぼし
フクシマや荒れ地を抱いて雪の降る
父祖の地に眠る山川初明り
電球を買走りゆく大晦日
遠くよりながるゝ聖歌冬銀河
雪国の話などして日向ぼこ
      自由雲
何もかも手抜きにしたりお元日
海賊と呼ばれた男暮れに観る
氷頭なます男の仕事年の暮れ
年男声張り上げて謡初め
新年の鐘が鳴るなり来迎寺        しかの
点描のごとく鴉のゐる冬木
地蔵堂のなかはがらんと日脚伸ぶ
あたらしき位牌初日のさしゐたり
寒の星またゝき和漢朗詠集
待春の桶屋の前のひのきの香