KSネット俳句会

137回   
                                                                                平成29年8月9日   

                                           
                                               TOPへ       KSネットへ 


  

     えぼし
江ノ電の窓どこまでも夏の海
そこかしこ物の怪潜む熱帯夜
物売りの声を遠くに冷し瓜
どこからか砂の声する熱帯夜
ひと雨の来さうな気配草いきれ      三葉子
句を詠まず半月の日々原爆忌
補聴器へ夏うぐいすのしきりなり
短夜や闇うすめつつ風の入る
八月の言霊残し風ゆけり
夕涼や砂に残りし踵あと      うーろん
盆の月潮の香流るゝ伊豆の町
黙とうの八月の空ざわめける
ゆつたりと下町散歩いぬふぐり
気にかかる小さき不義理秋の?
かなかなの落ちてゐる朝黒い影      アトリエ
犬の啼く軒風鈴の揺るゝたび
けふ甕に藻の花みつけ涼しかり
服薬を確認し合ふ夏の朝
窓際に蝉や赤子の泣きだしぬ
ひまはりを手折りて乙女画布の前
       しかの
下京にひと雨過ぎぬ青簾
砂埃つけて海辺の旱草
彫像のやうに鷺ゐる炎天下
霍乱や鴉の声も嗄れて
馬の口ぬるりと土用近づきぬ