K’Sネット交流会 俳句の会
                                               
                                                                                                                                      シニアネット交流会
                                   Ks-net交流会(シニア生活情報アドバイザー)メンバーによる俳句同好会のページです。
                         毎月 当季雑詠句と詠みこみ句で句会を開いております。お気軽にご参加下さい。
                                            
          
次回
6月1日
大船NPO
センター

 
6
季語

青柿
田植
黒南風
 2017年
1月
2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 2018年
1月
2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  2019年
1月
 2月 3月   4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2020年
1月 
 2月  3月   4月 5月   6月   7月  9月   10月  11月  12月
 2021年
1月 
2月  3月  4月   5月    6月   7月 8月  9月 10月   11月  12月
2022年
1月  
2月   3月  4月  5月              

 
青梅 5,6月頃、葉が茂ってくると梅の実はぐんぐん大きくなる。まだ熟さないうちの青い梅を言う。
実梅といっても同じであるが、青梅というと、青い色の感じが強く出る。


朝拾ふ青梅の笊ぬれにけり      室生犀星
梅噛む子海くづるともしぶくとも    中村 漁史


田植 囃田(はやしだ)、田植笠、田植機、御田祭(おんだまつり)
苗代の稲を取って、代掻きを終えた水田へ移し植える作業で農家にとっては年中行事の
最も重要なものである。
時期は地方のよってそれぞれ違うが、大体六月上旬から半夏至ごろまでが盛んである。


為すことのあり田植機の後につく    平畑静塔
田を植ゑて空も近江の水ぐもり     森 澄雄


黒南風
(くろはえ)
黒ばえ、荒はえ
暗く陰鬱な梅雨空の時期に吹く南風。
南に高気圧、北から低気圧が居座る夏型の気圧配置によって、南からの季節風が吹く。
この風を「みなみ」や「はえ」と称するが、それをさらに細かく分類して、梅雨の暗い空に吹くものを黒南風という。


黒南の浪累々と盛り上がる       河野 真
黒南風や筑波の二神雲がくれ     後藤真佐子