K’Sネット交流会 俳句の会
                                               
                                                                                                                                      シニアネット交流会
                                   Ks-net交流会(シニア生活情報アドバイザー)メンバーによる俳句同好会のページです。
                         毎月 当季雑詠句と詠みこみ句で句会を開いております。お気軽にご参加下さい。
                                            
          
次回
10月5日
大船NPO
センター
 
10月季語
秋郊
別れ烏
臭木の花
 2017年
1月
2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 2018年
1月
2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  2019年
1月
 2月 3月   4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2020年
1月 
 2月  3月   4月 5月   6月   7月  9月   10月  11月  12月
 2021年
1月 
2月  3月  4月   5月    6月   7月 8月  9月 10月   11月  12月
2022年
1月  
2月   3月  4月  5月  6月 7月  8月    9月      

 
秋郊 秋の野、秋の原、野路の秋
秋の野辺には千草が咲き道、やがて実を結ぶ。昼には昼の虫が、夜には夜の虫
の声が聞こえる趣深い野の姿をいう。

秋の野のちからは川の無言にも   石川静雪
検診の牛の並びし秋野かな      樫村 英


別れ烏 烏の子別れ、秋の烏
烏はひなが育ってからもしばらくの間は親鳥が子に餌を与えて育てるため、
親子の情愛が深い鳥とされている。その親子が秋になるといよいよ別れを迎え、
親は子を追い払うような素振りや鳴き方をして、独り立ちさせる。それをいう。

子別れの鴉に海の荒るるかな    小林愛子
親鴉黒衣ひろげて子と別れ      鳥越すみこ


臭木の花 常山木の花(くさぎのはな)、 臭桐(くさぎり)
山野の日当たりのよいところに自生する。枝や葉を傷つけると悪臭がするが、
若葉は食べられる。
8~9月、枝先に香りのよい白い花が群がり咲く。赤い萼(がく)とのコントラストが
印象的。

逃ぐる子を臭木の花に挟みうち     波多野爽波
行き過ぎて常山木の花の匂ひけり    富安風生