KSネット俳句会

144回   
                                                                                平成30年3月7日
                                             横浜俣野別邸庭園吟行会   

                                           
                                               TOPへ       KSネットへ 


  
     うーろん
桜咲く重き鉄扉の開く音
朽ち枝に蔦絡みつく春の雪
踏み入れば白クロッカス風に揺れ
太うどん温もる湯気や春寒し
一輪に溜め息一つ寒牡丹      かつら
落椿拾ふ髫の髪に落つ
鷹化して鳩と為り児に追はれけり
きりぎしのなぞへの梅もいま真白
飛び石の間あはひの犬ふぐり
川柳揺り止みしかば花あまた      藤遊子
若布刈舟水夫は足まで使ひをり
寂しいの対語はなにと目刺焼く
彼岸会や母に代りて妻のをり
潮の目の縞あきらかに春予兆
旧邸の小径優しき春の道      えぼし
木陰には木瓜の花あり俣野邸
玉縄と云ふ桜咲く俣野邸
いつの世も憂っは絶へず亀の鳴く
木蓮の産毛光りて俣野邸
引く波を乱して一つ桜貝
         しかの
春浅し木々はうす紅うすみどり
阿夫利嶺のあはあは山茱萸花明り
旧邸の廊下くねくね春寒し
切株の飛石かはりクロッカス
灯を消せば雛小さく息こぼす      三葉子
雨しみる桜蕾に触れてみよ
いち日を良しとして消す春灯
薄氷をかすめてゆける鳶一羽
枝揺るる桜蕾のふくらみに
百万の木の芽にロック響きたる